ブログ

自分を癒し認め励ますのは自分です

投稿日:

皆さんが辛いと思うときはどんな時でしょうか?
誰かに傷つけられたとき。
自分の能力のなさにうんざりしたとき。
誰かに怒りを感じたとき。
孤独を感じたとき。
自分に価値を感じないとき。
将来の不安を感じているとき。
好きな人に理解されないとき。
運がないと感じたとき。
思うとおりにいかないときetc.

例えばこんなとき、誰かにその思いを伝えますか?

伝えたとき、求めていた答えはかえってきましたか?

もちろん、求めていた答えが返ってきたり、自分を心配し理解してくれる人にはげまされたり、勇気をもらえたら、それに越したことはないし、とても嬉しい。

でも、いつでも誰かが自分を理解してくれるって実は難しい。
期待して理解されないとき、また落ち込むわけです。
では、自分を理解する人はだれなのか?
それは自分です。

自分の事は自分が理解して、誉めたりなぐさめたり大切にしていくことが出来ると、いつでも理解者があなたの中にいることになります

自分を理解するのに心理学は役にたちます。

自分との対話は時に目をそむけたくなることもあるし、自分の考えや感情に気付かないこともたくさんあります。
そんなとき、カウンセラーがお手伝いをしていきます。
私は辛いことに向き合う時は、まず自分と対話します。見たくないものを見てがっかりすることもあります。そして、その作業は時にとても疲れます。
そんなとき、やはり心理学が役にたっています。心理学は道しるべのようなものだとおもっています。
こういう風に進めばいいんだ、そんな気づきを得ることができます。
先日NLPマスタープラクティショナーで学んだこと。
今はそれが私の行動の道しるべとなっています。
悩みを抱えて辛い方がいらっしゃいましたら、カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?
何か道しるべとなるものが見つかるかもしれません。

Follow me!

-ブログ

Copyright© ナースの心のコミュニティサロン きっちゃん , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.