イベントに参加された皆様の声 無料イベント

イベントに参加された皆様からのご感想

更新日:

熊本県で訪問歯科をされている末廣豊先生より

『昨日は、お疲れ様でした。

貴重なお時間を共有させていただき有り難うございました。

感想としては、人は、思考・感情にそれぞれの陥りやすいパターンがあり、何か行き詰まった時には他人の意見を参考にしながら一度立ち止まって、自分を俯瞰的に客観視してみる事が重要なんだと再認識できました。

ピンチになると、しばらくは「闘争or逃走」の無限ループに入り込んでしまって、そこから抜け出すのが遅れてしまうので、心に少し余裕ができた段階で、利他の精神を思い出すと、自分自身も冷静に考えるようになるのではと思いました。

次のお話し・学びの機会を楽しみにしてます。』

(5/2 第1回コロナウィルスへの不安を語り合う会~広がれ!幸せのクラスター~にご参加)

末廣様は 5/5 第2回コロナウィルスへの不安を語り合う会 医療従事者対象にもご参加くださいました。

『様々な立場の方々のご意見やアイディアをうかがうことが出来て、とても参考になりました。』

とのご感想頂きました。ありがとうございます。

 

ふさちゃん様より頂きました

『昨日はありがとうございました。

やはりこの問題はマスコミの話よりリアルに聞いた方が信憑があると思いました。

そして、やはり何人かの声を拾っておいた方が自分の今後にも役に立つのです。

今度は実際にコロナウィルスにかかられた方の体験談を希望したいと思っています。』

(5/2 第1回コロナウィルスへの不安を語り合う会~広がれ!幸せのクラスター~にご参加)

 

滝島 利江様より頂きました

『報道されているような困っている方が参加されるのだろうと想像していましたが、それほど困られていらっしゃらない方が参加されていらっしゃり少し驚きました。

人と人が直接関わることが出来にくいご時世となり、コロナ以前に送ってた何気ない当たり前の日常がいかに尊く有り難いものかと皆様とお話して再認識致しました。

このようなお時間を作ってくださった小室さんはじめお会いできました皆様に感謝致します。』

(5/2 第1回コロナウィルスへの不安を語り合う会~広がれ!幸せのクラスター~にご参加)

 

金光様より頂きました

『コロナウイルスは未経験で明確な治療法もワクチンもない感染力の高い疾病であり、加えて緊急事態宣言により経済にも打撃が出ている中で誰しもが不安になり他罰的になっている事も由々しき事だと思います。

その中で例えzoomだとしても話を聴いてくれ、共感してくれる人が居る事がどれだけ救いになるのかを感じました。

不安の中で結果はともかくとして一生懸命頑張っている人が居る事にも気づきましたが、そうした人の中には自分を責めている人もいると感じます。

認知行動療法の要素を取り入れ、状況は同じでも思考や行動を変える事で感情や体の状態が変わる事を体験しました。

そして参加者の意見、気づきから自分では考えもしなかった参考になる事、活用できそうな事も発見できました。

いつまでこの状態が続くかわからない中、少しでも心穏やかにするには「感謝とねぎらい」の気持ちを持つことが大事だと感じました。

総理が配るマスクに自粛生活をねぎらい、政府に協力して自粛をしている感謝の気持ちが乗っていれば、そして受け取る方もそれを感じ取れれば、それこそお互い様ですが、みんなで乗り越えていけると信じています。』

(5/2 第一回 コロナウィルスへの不安を語り合う会~広がれ!幸せのクラスター~にご参加)

 

菅原様より頂きました。

『今回参加の理由は、現職場が余りにも、理不尽で納得いかなく人間不信に陥っていたため参加させていただきました。

皆さんに介護の方を大切にする姿勢、本当に共感していただけたこと感謝致します。

今後自分の進む道見失いそうでした。基本看護・福祉の仕事は大好きです。
自分にとって、知識技術も大切だと思いますが、人に寄り添い、話を聞くことだと思っています♡

また今後も色々な悩みや現状に対してみんなでお話しさせていただきます♡
ありがとうございました。』

(4/25 第1回 コロナウィルスへの不安を語り合う会 医療従事限定にご参加) 

 

橋本 明美様より頂きました

『とても有意義な時間でした。コロナでみなが不安になり、どうやって社員に落ちついて日々の仕事に励んでもらうかを、毎日考えていました。

少しでも不安を取り除く為の、具体的なアドバイスを頂き励みになりました。

何より、自分が不安に思っていることを吐き出す場所を作って頂いたようにも感じます。

ありのままを感じ、話せる場所があると言うことは幸せな事です。

専門的な知識や有益な情報も盛り沢山で、是非おすすめします。』

(4/25 第1回 コロナウィルスへの不安を語り合う会 医療従事限定にご参加) 

 

安部 海晴様より頂きました

『まず今回、「コロナウイルスの不安を語る会」を主催してくださった、小室さんに感謝を伝えたいと思います。ありがとうございます。

初回開催ということでしたが、この会に参加できたことは私にとって、学びであり、精神的にも癒される時間となりました。

日々、看護師という立場で仕事に関わっている中で、不安を感じる場面がとても、多かったように感じます。

他の看護師の方が活躍する現場でどのような対策を取っているのかも、知りたいという気持ちがあっても、なかなか現状を知ることができる場がありませんでした。

が、今回この会に参加させて頂くことにより、多方面の現場において、具体的な例を聞くことができ、今後、自分の職場でも、この知識を活かし、できる範囲で取り入れていきたいと思うような事例を伺うことができたことはとても、有意義な時間でした。

それとともに、新型コロナウイルスという、未知のウイルスにおいて、わからないことが多く、不安に感じる毎日でもありました。

でまかせであったり、危機感を煽るような情報が飛び交う中、危機感を感じながらも、看護師として役割を果たさなければならないという現実と向き合うことが辛いと感じることもありました。

そんな中、同じ境遇である方々と同じような不安な気持ち・果たさなければならない使命感のような気持ちを共有できたことは精神的な余裕を頂けたように思います。

なかなか、看護師という立場上、対患者さんや介護者さんには言えない心のうちをお話できたことは、不安が軽減するとともに、勇気や希望を頂けました。

そして、カウンセリングのプロでもある、主催者の小室さんの傾聴力・共感力は私も学び、周囲の方々を勇気づける事ができたら…と思いました。

小室さんのお人柄とともに、カウンセラー・看護師としてのスキルも高く、良い、刺激を頂けたと思います。

私自身も「学ぶ気持ちを忘れず、学び続けたい」という向上心を持ち、日々、努力していきたいと思います。

今後もこのような会を主催されるということですので、次回以降も参加させて頂けたらと思っております。

そして、参加者として、私自身も確かで適切な情報収集に努め、会に参加した際には、有益な情報を提供できるようになりたいと思っています。

今回は有意義な時間・情報をありがとうございました。』

(4/25 第1回 コロナウィルスへの不安を語り合う会 医療従事限定にご参加) 

※安部 海晴様のホームページをご紹介いたします

https://ameblo.jp/lovepeacemegugu777/entry-12593009650.html

Facebook

https://www.facebook.com/miharu1211

安部様は、第2回 コロナウィルスへの不安を語り合う会 医療従事対象にもご参加くださり、以下の感想をいただいています。

『前回同様、このような催しを企画・運営されている小室さんには、とても感謝しております。

ありがとうございます。

前回も参加させて頂きましたが、今回は人数も増え、活躍されているフィールドも様々で、とても学びのある会になったと思います。
特に、他現場からのご意見は、メディアからでは収集できない生の声であり、
私自身も身が引きしまる思いでした。

それぞれの立場で抱えている現状・苦悩も多岐にわたっていると感じました。
それとともに、まだまだ出口の見えない現状に不安を感じるのも当然のことのように思えます。

しかし、それぞれの立場での役目を果たすこと、それこそが今、優先的に実践していかなくてはならないことのように感じます。

もちろん、個々の働きのみでは至れないところも、その個が発展していくことで、
今の現状を乗り越えていくことこそが次の時代へのステップになると私は信じています。

今回は小室さんの専門分野である、心理学の面でのご意見やサポートもあり、
それぞれの今の自分の“内面での葛藤”を理解することができました。

一見、日常と変わらないと思いながら、やはり、この現状にそれぞれの方が、
ストレスを感じ、それを乗り越えるべく努力をされていることを知りました。

まだまだ、未熟であり、役割を果たせるかどうか、自信は持てない点はありますが、
この現状を皆で、乗り越えていくべく役割を果たせるよう、まい進していきたいと思います。

今回、様々なご意見・現状の情報をお話頂いた出席者の皆様にも
感謝しております。

ありがとうございました。』

ミウラ様より頂きました

『病院勤務の人とも話したかったです』
とのご感想いただきました。

同じ医療従事者であっても場所によって問題点は違ってくるので、同じ立場での情報共有も大切なのだな、と感じています。
参考にさせていただきます。ありがとうございます。

 

千木良 鮎美(ちぎらあゆみ)様より頂きました

『本職でも、自身の状況でも考察出来ると感じました。

また、虐待やDVでは、精神科や心理学は、二の次になっているのは違うと考えています。

法律を勉強していますが、そちらでも今後活かしていきたいです。
貴重な体験をありがとうございます。』

(5/5 第二回コロナウィルスへの不安を語り合う会 医療従事者向けにご参加)
※千木良 鮎美様のホームページをご紹介させていただきます。

https://peraichi.com/landing_pages/view/rehappiness

 

 

いーさん様より頂きました

『皆さんのお話が聴けて良かったです。
自分がなぜ不安だったのかもわかって良かったです。』

(5/5 第二回コロナウィルスへの不安を語り合う会 医療従事者向けにご参加)

 

 

このような沢山の感想をいただきました。皆様のご意見、ご感想などを生かしますます精進してまいります。

Follow me!

-イベントに参加された皆様の声, 無料イベント

Copyright© ナースの心のコミュニティサロン きっちゃん , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.