カウンセラーとしての活動 無料イベント

第1回 医療従事限定 コロナウィルスへの不安を語る会を終えて

更新日:

本日、イベントを無事開催することができました。

参加された方、本当にありがとうございました。

参加はできなきなくても応援メッセージをくださった方、ズームのテストを何度も手伝ってくれた家族、みんなに感謝を申し上げます。

 

内容の詳細は個人情報の関係でお伝えできませんが、

参加された皆様のおかげで、温かくとてもいい会となりました。

イベントを開催した動機

私は今まで、災害時など何か役に立ちたいとおもいながら、募金をするくらいしか出来ませんでした。
ナースなのに、、、とおもいながら、日常の仕事や家庭に重きをおいてきました。

今回、コロナウィルスの感染がひろがり、これは災害と同じだと感じ、自分に何ができるかを考えはじめました。

私は心理を学んだ看護師であり、それを社会に還元したい、その思いをどう形にするか。

しかし、医療従事者として、今表で行動して自分が媒体になってしまうことは避けなければならないわけです。

以前は災害時、現地まで行くことが出来ず後悔していたけれど、今はオンラインがあって、自宅で社会貢献ができるのです。

今出来ることを精一杯やろう!そう思ったのがきっかけでした。

コロナウィルスが与えた環境の変化に適応していくには

 

私達人類は現在コロナウィルスによって地球規模で環境を変化させられました。

人は環境を大きく変えられると、不安やいかり、焦燥感、抑鬱などの感情を覚えます。
私もそうでした。

でも、どうでしょう。

その環境に適応することはできないのでしょうか?

人は環境、思考、感情、身体、行動の5つが密接に関わってくらしています。

環境が変わった今、ネガティブな思考を引き起こし、マイナスな感情が生まれやる気がなくなったり、買い占めや批判的な行動をしたり、抑鬱になって体調を崩す方もいるかもしれません。

ではどうすればいいのか。

思考を変えればいいのです。

思考がいい方向へむかえば、行動も感情も身体もよくなるのです。

この環境ですらチャンスととらえたり、転換期とすることもできるのです。

私はそのように思考を変え、今までやってこなかったオンラインでのイベントをするという行動をとりました。

オンラインではあえて人数を少なく設定しました。
それはお一人お一人に寄り添いたかったから。
そのお一人お一人に少しでも明日への活力や何かしらの気付きや学びがうまれれば、それが、またその方の大事な方、職場、社会とへと広がれば良いわけです。

つまり、参加された方がこのイベントでえた気付きや学びや情報や、参加者同士で理解しあえた幸せなどを周囲に感染させることができれば、このストレスフルな環境も変わるのではないでしょうか。

 

幸せのクラスターを作ればいい

それにしても
うーん、感染か。もっと言い言葉ないのかな。

私はここで『感染』の意味をしらべました。

感染とは、、、

1.病原体が体内に侵入して、病気がうつること。
「―経路」
2.他からの影響でその悪風・弊風に染まること。

だめだ、やはり幸せを感染させる、とは言わない。
類義語をしらべていくうちに、伝染というワードがでてきました。

伝染とは

性質や習慣やちょっとした動作が他のものにうつること。

なるほど。これだ。
そのうちにこんな論文を見つけました。

 

【幸せは社会的ネットワークに伝染する】

http://edition.cnn.com/2008/HEALTH/12/05/happiness.social.network/index.html?eref=rss_u

まさしく私がイベントをおえてコロナウィルスのような命を奪う『感染』ではなく、幸せが伝わる『伝染』を起こして行きたい、と感じたことと同じことです。

そう、幸せのクラスターを作ればいいのです。

私の役目が見えて来た気がしました。

 

今後もイベントを開催したいとおもいます。

開催が決まりましたらホームページでお知らせします。

ご興味あるかたは是非ご参加ください✨

Follow me!

-カウンセラーとしての活動, 無料イベント

Copyright© ナースの心のコミュニティサロン きっちゃん , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.