カウンセラーとしての学び ブログ 医療・看護に関するブログ

僕はやっと認知症のことがわかった 長谷川先生の本を読み終えて

投稿日:

「僕はやっと認知症のことがわかった」
長谷川和夫著
先ほど読み終えました。
この本は、認知症を通して、人の基本的なあり方について書かれている本だと私はおもいました。

認知症である前に人である

認知症である前に人であって、認知症になってもその人そのものは変わらないということを先生は言われているのだとおもいます。

これは、認知症を介護されているご家族や医療、介護従事者だけではなく、すべての人が理解すべき事です。

自分が生きていく人生の延長に老い、死があり、その途中に様々な困難、病、認知症もある。
誰にでも起きうる事だから、認知症も、当たり前の人生に起き得る事ととらえ、認知症になっても自分の価値は何一つかわらない、そんな気持ちを持つことが必要だと、先生はおっしゃっているのだと思います。

誰しもがそのように理解すれば、認知症を社会でより良く支えることができるのではないでしょうか。

どんな時も自他肯定が大切

認知症であっても、目の前のその人は、今までのその人と何ら変わりがない。
今までと同じように尊厳をもって接することは当たり前のことであり、自分が認知症になってもそうしてもらいたい、ですよね。
私がカウンセラーとして、大切にしているのは、自他肯定の姿勢です。この本にも同じような事が書かれています。

認知症の人と接する際、みんな違ってみんな尊い存在であることをわすれないでほしい、認知症の人も、隣にいる人も、見知らぬ人も、よく知る人も皆尊厳をもった存在というのが人間だ、と先生はこの本で書いています。

これが認知症を考える上、人生をいきる上で最も大切なことなのでは、と。
明日からの訪問看護でも、カウンセラーとしても、やはりこの姿勢を大切にしていきたい、そんな風に思います。

-カウンセラーとしての学び, ブログ, 医療・看護に関するブログ

Copyright© ナースの心のコミュニティサロン きっちゃん , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.