今日の心理学

今日の心理学  ホメオスタシス

投稿日:

今日の心理学 ホメオスタシス

インフルエンザの季節ですね。
インフルエンザになれば、しっかり治さなきゃ、と養生し、薬を飲んで、周囲の人も具合はどう?と気遣ってくれます。
予防接種をしたりとみんな予防も対策も必死にやりますね。

ところで、、ホメオスタシスってしってますか?ホメオスタシスとは、恒常性ともいわれています。

恒常性は生物のもつ重要な性質のひとつで生体の内部や外部の環境因子の変化にかかわらず生体の状態が一定に保たれるという性質、あるいはその状態を指す。生物が生物である要件のひとつであるほか、健康を定義する重要な要素でもある。生体恒常性とも言われる。
Wikipediaより

つまり
喉が渇く→水をのむ
風邪をひく→熱がでる
暑い→汗をかく
というような体の反応です。
これは精神的現象にも存在する、と言われています。
例えば
悪口を言われる→怒り
失敗する→情けないと感じる
無視された→辛い

どれもホメオスタシスで、この体の反応や感情は自然とわきあがるものでこれを無視したり無かったものにすることはできないし、出来たとしても健康によくないわけです。
人間としての当たり前の反応。

なのに、精神的なものはどうしてか、我慢しなさい、という風習が人間にはあるわけで。
だから、辛いんです。

そう、そして風邪を引きやすい人もいれば、ストレスを受けやすい人もいる。
それは個性であり、みんなそれぞれ。

でも、風邪もストレスも辛いのは同じだし、どちらも出来るだけ予防したり悪化しないようにしたいものです。心も風邪をひく、そんな風に考えてもいいですね。

心の健康を守る、それが出来るのが心理学なんです。


看護師ランキング

Follow me!

-今日の心理学

Copyright© ナースの心のコミュニティサロン きっちゃん , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.